FC2ブログ

NHKや朝日は自分達の希望を記事に書いたんでしょうね?

小沢氏不出馬も=菅・鳩山氏、「トロイカ」復活で一致―きょう4者会談
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100831-00000007-maiall-pol

首相と会う予定はない=民主・小沢氏
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100831-00000090-jij-pol

小沢氏の代表選出馬表明の記者会見(全文)(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100831-OYT1T00855.htm

小沢出馬すべきでないと主張していた連ほうや前原など菅支持派が、今になって選挙をするべきと主張している。

衆議院議員一期生玉木雄一郎氏もtwitterつぶやきで
tamakiyuichiro 民主党代表選挙、昨夜より、一本化の動きが加速している様子。ただ、談合的な結論に至るのであれば、次の衆議院選挙は壊滅だと思う。グループや派閥の都合で物事を決めるのではなく、堂々と政策論を戦わす選挙を行うべきだ。ごまかしや曖昧さをこれ以上引きずるべきではないと思う。等
スポンサーサイト



最新のtwitterより

tjimbo ビデオニュースで中継します。RT @tjimbo: 小沢さん、代表選出馬へ。17時半から決意表明会見。
http://www.videonews.com/press-club/0804/001532.php

全く逆の結果を示す世論調査の怪

昨日のエントリーで、大手マスコミ報道による世論調査の結果とは全く逆の結果になっている読売オンラインの世論調査を紹介した。昨日は、74%だった小沢一郎を支持するという回答は、その後、76%まで伸び、支持しないという回答は、26%から24%へと縮んだ。

今日は、毎日系の『スポニチ』が、「菅首相より小沢新首相…サイト調査で圧倒8割」という記事を発表し、菅陣営を震え上がらせている(笑)。

スポニチが小沢氏の出馬表明をした26日の午後4時からアンケートを実施したところによると、マスコミ報道とは180度違った結果が出た。回答は、1676人からあった。

質問:「菅首相と小沢氏のどちらが民主党代表(首相)としてふさわしいと思うか?」
答え:小沢 80% 菅  20%

質問:「小沢氏が立候補を表明したことについてどう思うか?」
答え:「出馬した方が良い」82%

恐らく、官房機密費がスポニチまで行き渡らなかったのであろう。それとも、公明党効果か。それにしても、ここまであからさまな操作をした世論調査がこれまであったであろうか。まだ、10%や20%上乗せするなら、わかるが、小沢一郎への投票を菅への投票とし、菅への投票を小沢への投票と、回答をすりかえるとは恐れ入った。

大手新聞社やテレビの報道に官房機密費を使って国民を騙し、世論を誘導するつもりだろうが、今回の代表選は、有権者が投票するわけではないのに、世論誘導なんかしてどうするの?

ところで、日本の著名ジャーナリストたちは小沢出馬に関してどのように思っているのだろうか。




参考記事:

菅首相より小沢新首相…サイト調査で圧倒8割
(スポニチ 2010年08月28日)

民主党の小沢一郎前幹事長は、党代表選(9月1日告示、14日投開票)への出馬表明から一夜明けた27日、連合や医師会など支援組織回りをスタートさせた。再選を目指す菅直人首相も都内の町工場を訪れるなど“景気回復”への前向き姿勢をアピールし、両陣営の票固めへの動きは激化。スポニチは公式サイト「スポニチ・アネックス」で緊急アンケートを実施したところ、有権者からの支持では意外にも?小沢氏が圧倒的な強さをみせている。

スポニチは26日の小沢氏の出馬表明を受け、同日午後4時からアンケートを実施。最終集計では一方的な結果が出た。

1676人から回答があり、「菅首相と小沢氏のどちらが民主党代表(首相)としてふさわしいと思うか?」の問いに対しては、約80%にあたる1336人が小沢氏。「小沢氏が立候補を表明したことについてどう思うか?」の問いでは約82%の1371人が「出馬した方が良い」とした。

テレビなどは、小沢氏の「政治とカネ」問題を再び繰り返し伝えるなど“反小沢”報道も目立つが、有権者の反応はやや違っていた。ジャーナリストの江川紹子氏は「メディアは小沢氏のダーティーなイメージを作り上げている。そんなイメージ先行報道に辟易(へきえき)した有権者が、積極的に意思を示した結果では。知りたいのはこれからの日本をどうしたいのかという具体的な内容。政策論争を深めるような報道をしてほしい」と指摘する。

また、政治評論家の浅川博忠氏は「消費税発言など菅氏の軽さぶりに有権者が見切りをつけた。その分、安定感と強い指導力がある小沢氏への期待感につながったのでは」と分析。景気低迷や財政難を打開するためには、小沢氏の剛腕ぶりも「必要」と考えている人は少なくないようだ。また、菅氏支持の中には「首相が短期間で何人も代わる状況はよくない」と考える人もいる。浅川氏は「小沢陣営は党内支持を着実に広げており、今のところやや有利な状況」とした。

小沢氏は27日、党最大の支援組織である連合のほか日本医師会、全国郵便局長会など有力支持団体を訪問。協力を求めるとともに各団体に通じた党員・サポーター票を獲得するため積極的な動きをみせた。連合の古賀伸明会長との会談では、自らの政治資金について「テレビ討論や記者会見の場が設けられ、いい機会だ。自分の言葉できちんと説明したい」と述べ、世論の理解を得られることに自信をみせた。

一方、菅首相は31日に出馬表明会見を行う。この日は再選への自信を示すように、官邸で記者団に「元気が出る」と笑顔をみせた。都内の町工場を訪れるなど、テレビカメラを通して経済対策に取り組む姿勢を猛アピール。夜食は党本部近くのラーメン店でとり、“庶民宰相”を演出した。

<地方幹部は“拒否感”3割>共同通信社は、民主党代表選が菅首相と小沢氏の一騎打ちとなったことを受け、26、27の両日、47都道府県連の幹事長ら幹部を対象に緊急アンケートを実施した。新代表にふさわしい人に菅首相を挙げたのは青森、長野、宮崎など12都県、小沢氏は岩手、愛知、熊本など5県だった。小沢氏出馬について「問題がある」としたのは約3割の14都県。21府県が「どちらとも言えない」で、「問題はない」は10道県にとどまった。地方組織に、政治資金問題を抱える小沢氏の出馬への拒否感があることがうかがえる結果となった。

この最後の文はいただけない。大手マスコミ報道によると、70%が小沢出馬に否定的ということだが、この共同通信の調査では、12都県、つまり東京も含むほんの30%の県が小沢出馬に否定的であり、21府県は中立的な立場で回答、そして、北海道を含む10道県は「問題なし」としているのだから、「地方組織に政治資金問題を抱える小沢氏の出馬への拒否感があることがうかがえる結果」ではなく、「地方でも、政治資金問題を抱える小沢氏の出馬に問題があるとする回答は3割にとどまっている。」とするべきだろう。

このように、菅内閣の息のかかっている大手メディアによる世論調査は、政府の意向によっていくらでも調整できるものである。世論調査の結果を元に小沢氏の出馬を否定的に伝えるメディアやジャーナリストは信用できない。

http://minnie111.blog40.fc2.com/blog-entry-2229.html#more2229
カナダで日本語を教えるdesperateな(女教師のブログより転載)

大手マスコミによる世論調査とネット世論調査の結果を非常の面白い構成で紹介した。すばらしい投稿です。
Cafe clock
カレンダー
07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
気になるサイト
株式情報サイト
注目銘柄ランキング
アクセスランキング
twitter
takurougxをフォローしましょう ツイートとはツイッターに投稿された140字以内の短い情報やつぶやきのことです。 twitter公式ナビゲーター(ついなび)
リンク
お問い合わせ
※ 当ブログは、リンクフリーですので、ご自由にリンクしてください。ご意見・ご感想、などはこちらからです。よろしくお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
プロフィール

takurougx

Author:takurougx
FC2ブログへようこそ!
【投資戦略】勝兵はまず勝ちて而る後に戦いを求め、敗兵はまず戦いて而る後に勝を求む!!

相場に勝つ者は、相場に勝てる条件が整ってから参戦し、敗れる者は相場に参戦してから勝を求める。

中長期から現在はデイトレスイングメインです。

独りよがりなブログですが、良かったら観てやってください。

ランキング
アクセスランキング
楽天市場
Amazonポイントキャンペーン特集
運命を開く方位学
投資心理、コラム
カテゴリー
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お気に入り登録
お気に入りに追加
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブログ内検索
QRコード
QR
RSSフィード
月別アーカイブ
占い